みそ汁の魅力

Charm of miso soup


みそ汁のバリエーションは1億通り!!

例えば、
だしが5パターン
×
具材を3種類入れるとして、
肉、魚、野菜、きのこ、海藻、何でもアリなので…
100×100×100
×
みそがスーパーに20種類売っていたら…
 
=1億通り作れます!!
 
みそ汁の可能性は無限大なのです。
 
「みそ汁ばかりで飽きる…」
なんてことはありません♪
 
*だし*
レッスンでは、煮干し、かつお、昆布だしをとります。
とても簡単です!!
 
*具材*
その日、冷蔵庫にある食材を何でも入れてOK!
季節の具材やチャレンジ具材で変化がつくので
毎日飽きません♪
 
*みそ*
あわせみそ、米みそ、麦みそ、赤みそ…
2〜3種類のみそが冷蔵庫にあれば、
その日の具材や気分によって
みそを変える楽しみができます。
 
色々な組み合わせを試してみそ汁を楽しみましょう♪

ごはんとみそ汁生活1年間で、食費4万円減、体脂肪8㎏減!!

菓子パン98円、カップ麺80円、
ごはん茶碗一杯は…たったの23円。
 
みそ汁も、入れる具材によりますが
野菜たっぷりのみそ汁なら、一杯80円ほどで作れます。
 
週に2回だけでいい、
ごはんを炊いて、みそ汁を作る。
おかずはコンビニで買ってもよしとしましょう。
すると、毎日コンビニ弁当生活と比較すると
1食あたり200円安く、エネルギーは300kcal少なくすみます。
これを1年間で計算すると、
食費38000円減、
エネルギー57600kcal減=つまり体脂肪8kg分になります!
 
そして、コンビニでよく見かける
「カロリーオフ」「糖質カット」の表示に
安心していてはいけません。
コンビニのおにぎりやパン、
お総菜、インスタント食品は、
食品添加物や精製塩がたっぷり。
体に毒で、お金がかかり、
毎日食べると飽きる。心がすさむ。
 
だから、せめて
ごはんとみそ汁だけでも自分で作りましょう!

現代人にこそ、ごはんとみそ汁が必要!!

米、
特に玄米や雑穀米は栄養豊富!
 
食物繊維(水溶性食物繊維、不溶性食物繊維)、
ビタミン(ビタミンA、ビタミンB群、葉酸、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE)、
ミネラル(カリウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛)など。
 
どれも、現代人が不足しがちな栄養素。
 
 
そして、みそは発酵食品です。
お腹の調子を整えてくれます。
「みそ汁は朝の毒消し」ということわざの通り、
腸内環境を整えることで、
食品添加物や放射性物質などの脅威から体を守り、
免疫力が高まり、アレルギーにもなりにくく、
精神安定や美容にもつながります。
 
現代人こそ、
ごはんとみそ汁が必要なのです。

未来への投資、何かしていますか?

高級な化粧品に頼ったり、
スポーツジムに通ったり。
 
そして、
「ごはんとみそ汁」という方法もあります。
 
たった10分です。
ごはんを炊き、みそ汁を作る。
 
「ごはんとみそ汁生活」を通して、
あなたがととのえたいのは何ですか?

 

10分で、ととのえましょう。